コロナ後、葬儀の参列者が少ないと香典は多くするべき?

新型コロナウイルスの登場で、日常生活はすっかり変わってしまいました。

葬儀も例外ではなく、これまでの風習が「非常識」と言われかねないほどの大きな変化が起きています。

遺族・親族・関係者の立場から見た「新時代の葬儀」について、以下のような質問が多く寄せられています。

Q. 家族葬の費用はどれくらいかかりますか?

葬儀の規模が小さくなるにつれて、「相場」の費用は下がってきました。一日葬や直葬の場合、基本的には20万円前後で可能です。家族葬で友人や知人に話を聞いても、8割が100万円台には届かないほどです。場合によっては200万円を超えるケースもありますが、多くの場合は祭壇を大きくするなど、追加の料金が大部分を占めていると考えられます。

Q. 互助会などで積み立てたお金は直葬に使えますか?

「互助会」とは、将来の葬儀費用のために毎月一定額を積み立てておく方法です。通夜や葬儀を行わないなど、当初考えていたよりも簡素な葬儀に変更した場合、問題はないのでしょうか?互助会に希望するプランがあるかどうかは、早めに確認したほうがいいでしょう。基本的には、葬儀費用のうち、返礼品代などの変動費を除いた固定部分に、自分で設定した一時金で賄うことができます。

Q. 葬儀に招かれた人も、それぞれの悩みを抱えています。これまでは訃報があれば駆けつけるのが常でしたが、どうやって断ればいいでしょうか?

遠方の家族から葬儀に参列してほしいと頼まれても、感染症のリスクを考えて遠距離移動は避けたいと考える人も多いのではないでしょうか。コロナ渦では、感染症のリスクがあるので長距離移動は控えた方がいいでしょうが、それを伝えにくい場合があります。コロナ後、地方の方が葬儀に参列するために都会に出ると、地元の人に敬遠されてしまい、遺族の心理的負担になってしまうケースもあるでしょう。

Q. 参列者の少ない葬儀では、香典を多めにあげた方がいいのでしょうか?

基本的には昔ながらの考え方で構いません。本来、親族の香典と通常の香典の違いがあります。親族の香典は、葬儀を行う遺族の経済的負担を軽減するためのもので、相場は5~10万円。もちろん、生活状況や関係性にもよりますので、できる範囲で行うのが良いでしょう。

一般的な香典は、故人との親密さにもよりますが5,000円や10,000円、多くても30,000円です。